【重要】学生・関係者の皆様へ

2020-08-05

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための周知徹底事項について

福岡県をはじめ九州各県でも新型コロナウイルス感染者数が増加しています。本校では、7月22日付「髙尾看護専門学校における新型コロナウイルス感染症に係る対応」について皆さんに指導を行い、学生個々人が感染予防に取り組んで頂いていると思います。

今般、専門学校等における新型コロナウイルス感染症罹患者の増加している現状から、飲食店等における学生や教職員に関係するクラスター発生防止に向けて、一層注意をするよう文部科学省より「飲食店等におけるクラスター発生防止に向けた専門学校等における取組の徹底について」、および福岡県知事より「県民の皆様へのお願い」の通達がありました。

 本校においても現在、感染拡大防止のために一部遠隔授業及び代替学習などを行っているところですが、今後も引き続き学生・教職員一人ひとりが感染拡大を防止する行動の徹底を行ってください。

以下に通達内容を明記しますので、必ず最後まで熟読してください。

■飲食店等におけるクラスター発生防止に向けた専門学校等における取組の徹底について

1.夜間も含め「3つの密」(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、近距離での会話や発話が生じる密接場面)を避けることの徹底

2.友人との会食やいわゆる飲み会、サークル旅行など多人数での集団旅行や、課外活動におけるイベント・合宿における感染リスクについて、特に注意を払う

 この場合には、「飲食店等の利用者が自分で自分の身を守る行動をとってもらうための取組」を踏まえ、「新たな日常」に対応した行動変容を行う

 

 1)「新たな日常」に対応した行動変容の働きかけ

 ・日頃からの3つの「密」(密閉、密集、密接)が発生する場所を徹底して避けること

  ・多人数での会食や飲み会を避けること

  ・会食等で飲食店等を利用する場合には、自己適合宣言マーク等の表示に留意すること

  ・大声を出す行動(飲食店等で大声で話す、カラオケやイベント、スポーツ観戦等で大声を出すなど)を自粛すること

  ・マスクの着用、手洗い、消毒、換気を徹底する

 2)接触確認アプリ等の活用 

  ・接触確認アプリ等(COCOA)のダウンロードや地方自治体独自の通知システムの利用登録を行うこと

■県民の皆様へのお願い

 福岡県内の新規感染者数は、7月中旬以降増加傾向にあり、予断を許さない状況にあります。このまま感染が拡大し、医療提供体制がひっ迫するような事態は絶対に避けなければなりません。このため、県民の皆様におかれましては、以下の点についてご理解・ご協力くださいますよう、あらためて強くお願いいたします。

 1.「人にうつさない」、「人からうつされない」、「感染している可能性を疑う」という意識を常に強く持ってください

 2.特に、最近は20代~30代の若い世代の感染が半数を占め、無症状の方が多いため、若い世代の方は、高齢者など重症化しやすい方に感染を広げないよう、慎重に行動してください

 3.マスク着用、まめな手洗い、人との距離の確保、三密の回避など、「新しい生活様式」を実践してください(ただし、マスク着用時は熱中症等にご注意ください)。

 4.外出にあたっては、ご自身の健康状態はもとより、目的地の感染状況、利用する施設や店舗の感染防止対策を確認し、その必要性を判断してください。

 5.発熱等の症状がある場合は外出を控えてください。

 6.ご自身の感染防止対策を徹底するとともに、感染防止対策が不十分な場所への外出は避けてください。

 7.とりわけ、「接待を伴う飲食店」で業種別の感染拡大防止ガイドライン等を遵守していない店の利用は控えてください。

 8.接触確認アプリ「COCOA」を積極的にご利用ください。

 

これまでの皆様の努力が水泡に帰すことがないよう、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和2年7月23日

福岡県知事 小川 洋

このページの先頭へ