教育課程

分野 教育内容 1年次 2年次 3年次
基礎分野 科学的思考の基盤 □論理学
□情報科学
□哲学
□看護のための物理学
□教育学  
人間と生活・社会の理解 □心理学
□臨床心理学
□社会学
□英語Ⅰ(英会話)
□保健体育
□家族論
□英語Ⅱ(英文読解)
□生命倫理
 
専門基礎分野 人体の構造と機能 □解剖学
□生理学
□生化学
   
疾病の成り立ちと回復の促進 □疾病論総論
□疾病論Ⅰ
□疾病論Ⅱ
□疾病論Ⅲ
□疾病論Ⅳ
□薬理学
□微生物学
□治療論Ⅰ
□疾病論Ⅴ
□疾病論Ⅵ
□治療論Ⅱ
 
健康支援と社会保障制度 □保健医療論
□社会福祉
□関係法規Ⅰ
□公衆衛生学
□関係法規Ⅱ
専門分野Ⅰ 基礎看護学 □基礎看護学概論
□看護技術の基本-1
□看護技術の基本-2
□日常生活を支える技術-1
□日常生活を支える技術-2
□健康障害をもつ患者の看護
□看護過程
□診療及び検査の援助
□看護研究の基礎
 
臨地実習 □基礎看護学実習Ⅰ □基礎看護学実習Ⅱ  
専門分野Ⅱ 成人看護学 □成人看護概論
□生命の危機状況にある患者の看護
□障害への適応と社会復帰への看護
□慢性的な経過をたどる健康障害への看護
□終末期看護
□がん看護
 
老年看護学 □老年看護学概論 □老年看護援助の基本
□健康障害を持つ高齢者の理解と看護
□高齢者の看護過程
 
小児看護学 □小児看護学に必要な概念 □小児の成長発達と日常生活の援助
□子どもの病気と健康段階別看護
□小児看護技術と実践の場における看護
 
母性看護学 □母性看護学の概念と生殖 □女性ライフサイクル論
□周産期の看護
□周産期ハイリスク時の看護
 
精神看護学 □精神看護学概論 □精神保健と人間関係の理解
□精神科治療と看護
□精神看護援助法
 
臨地実習   □成人看護学実習Ⅰ
□老年看護学実習Ⅰ
□成人看護学実習Ⅱ
□成人看護学実習Ⅲ
□老年看護学実習Ⅱ
□小児看護学実習
□母性看護学実習
□精神看護学実習
統合分野 在宅看護論   □在宅看護論概論
□在宅の生活支援の方法と技術
□在宅の医療管理を必要とする人への看護
□在宅看護過程の展開
□看護研究
看護の統合と実践   □医療安全 □看護管理
□統合看護技術
臨地実習     □在宅看護論実習
□統合実習
単位(時間数) 講義 40単位(1050時間) 31単位(825時間) 4単位(105時間)
実習 1単位(45時間) 6単位(270時間) 16単位(720時間)
合計   98単位(3015時間)

 

このページの先頭へ